スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港2日目

ウェディングケーキ

朝から結婚の儀式みたいなのがあるというので、親が宿泊している部屋で待っていました。
花嫁と花婿がお互いの両親宅を訪れて、感謝の意味を込めてお茶を入れるというような事をするそうです。
親だけじゃなくて、身内もみんななのかな
いまいち弟嫁の説明じゃ解りませんでしたが、父母だけではなく、私と夫もお茶を入れて貰って一口だけ口をつけて、御礼にぽち袋みたいなもの(小さな封筒に小銭が入ったもの)を渡すという行為をしました。
お年玉と弟嫁は言ってたけど、正式な訳だとなんていうのかは知りません。
お年玉ってお正月だけじゃないのかな
この時、弟嫁は、香港スタイルの花嫁衣裳でした。
チャイナ服とはちょっと違うけど、そんな感じの刺繍がいっぱいの真っ赤な民族衣装みたいなのでしたよ。
(弟は普通のスーツで、特に面白味はなかったです。)
その時はそれだけで終わって、後は結婚式の会場でという事でした。

その後の空き時間に、弟嫁のお姉さんが来てくれて、宿泊したホテルから近い所にある金魚街と花園街付近を案内してくれました。
金魚街は文字通り、金魚や熱帯魚などの売っているお店が通り沿いにずらりと並んでました。
日本じゃ考えられないくらい水槽にみっしり詰まってる感じ。
いっぱい居すぎて、ちょっと気持ち悪いくらい
お姉さん曰く、家族の人数分の金魚を飼うのが縁起が良いみたいな感じらしい。
死んじゃったら買い足して、常に家族の人数分あるのが良いんだそう。
お姉さんの家でも飼っていると言ってました。
他にも衣類を売っている露店や店舗、花屋ばかりの通りなどを見ました。
時間があったら掘り出し物を探すと楽しそうでした。
時間があまりなかったので、雰囲気だけ楽しんできました。

金魚   花屋


続きます
その後、着替えて結婚式の会場へタクシーで移動。
場所は日本でも中華街で馴染みのある聘珍樓でのレストランウェディングでした。
プラザハリウッドというショッピングモール内にある店舗をほぼ貸切でやりました。
食事が始まる時間が20時半と言われて、会場自体は15時には開いている感じ。
14時過ぎには到着して、明確に何をするっていうのはないんですよね。
会場に入って一応テーブルには通されるんだけど、来ている人はほぼいない。
向こうだと一応食事開始の時間だけ言われて、適当に来て適当に帰るってのが普通らしいです。
もちろん会場の出入りも自由。
そして、結婚式の前に、みんなで麻雀をやるのが一般的なようですね。
会場の一角に麻雀卓がいっぱい用意されてましたが、やっている人はいなかったです。

最初はお茶だけ配られていて、ひたすら給仕の方が注ぎ足しにやってきていましたが、そのうち飲茶的な軽食も出てきて、ものすごく勧められました。
あまりにも勧められるので、味見程度は口をつけてみたけど、かなり美味しかった。
その間も、弟夫婦はひたすら写真攻めでしたね。
香港在住ではないので、会うのも久しぶりの人が多そうでしたしね。
知り合いや、式に出てくれる方がひっきりなしにやってきて、ずっと色々な人と写真を撮っているんです。
日本じゃあり得ないくらいの大撮影会になっていました。
香港式の花嫁衣裳を着つけて弟嫁が登場してからは、ひたすらそんな感じ。
一通り、色々な方と写真を撮ってから、衣装替えで着物へ。
母の若い時に着ていた着物を着せたようです。
母は着付け係で大変そうでしたが、向こうの方にはかなり好評だった模様。
一応、日本に嫁に来るという形なので、日本的なものも取り入れたかったみたいです。
ただひたすら撮影会な感じだったので、途中で抜け出して、ショッピングモールを見学したりもしていました。
香港ブランドのお店も結構入っていたので、面白かったです。
会場に戻ると、人も増えて、撮影会も一通りは終わっていて、本番用のセッティングに変更されていました。
日本の式と違って、花嫁花婿は、婿側の親族のテーブルに一緒に座るんだそう。
テーブルは一族ごとみたいに分けられるのが一般的とのこと。

びっくりしたのは、結婚式なのに、みんなの装いがバラバラな所です。
日本みたいに正装じゃなくて、ちょっとだけお洒落な装いで良いよとは言われてはいたので、男の人はスーツ、女の人はワンピースかカジュアルなドレス程度を想像しますよね。
ポロシャツにジーンズとか、ニットセーターにハーフパンツみたいな人もいました。
どう贔屓目に見ても普段着なんだもの。
そうかと思えば、ドレス姿の人もいるし。
落差が激しすぎて、驚いた。

式はまぁ、日本とそんなに変わらないけど、すごく簡潔で良い感じ。
会場の前方にステージがあって、花嫁花婿登場。
弟が来てくれた人に向けて御礼の挨拶をして、人前式っぽく宣誓書にサインして、ケーキカットなんかをやって、ブーケトス等を一通りやったら、後は食事会みたいな流れでした。
食事の時は本当に食事だけでした。
各テーブルに係の人が付いてくれて、グラスがちょっとでも減ったら注ぎ足してくれるし、飲み物はどんどんもってきてくれるし、調子にのって飲みすぎました。
料理のボリュームが半端なかったけれど、味はかなりの美味しさで、堪能させてもらいました。
あの味はもう一度食べたい。

花嫁花婿は、各テーブルを回ったり、前のステージで写真を撮られたりで、まともに食事を楽しむ感じではなかったようです。
合間に戻っては、慌てて食べてました。
そして終わり際に、花嫁花婿と花婿一族が揃って、各テーブルに御礼を兼ねて、乾杯しに行きました。
それが終わったらお開きみたいな感じ。
もう0時を回るくらいまでやってましたね。
何だか温かい良い式だったように思います。
ずっとみんなが笑顔で幸せそうで良かったです。

結婚式料理   メニュー表   結婚式料理2

ホテルまで戻って、酔っ払いはそのまま就寝でした。
翌日からはマカオです。


スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行   ジャンル : 旅行

けんがさま 読んでいて日本の式と違うのがよく判ります。でもお祝いをすうr気持ちはみんな変わりませんね、ここだけの話…自分たちはかような式を行わなかったので、どんな気持ちか判りません。自分たちの子供も彼らの思うようにしてもらったらええと思います。いや~次のマカオ気になりますね✡

>たっき~様

日本の式よりも私は好きでした。
あんな感じなら、私もしたかったなーと思いました。
温かくて素敵な式でしたよ。
私は式はせずに、入籍だけだったので。。。
良い思い出になったと思います。
非公開コメント


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【香港2日目】

朝から結婚の儀式みたいなのがあるというので、親が宿泊している部屋で待っていました。花嫁と花婿がお互いの両親宅を訪れて、感謝の意味を込めてお茶を入れるというような事をするそうです。親だけじゃなくて、身内もみんななのかないまいち弟嫁の説明じゃ解りませんでし...
プロフィール

けんが

Author:けんが
いらっしゃいませ。
アクセスしていただきありがとうございます。
手作り好きなけんがの日々の出来事などを書いてます。
色々手作りを楽しんでます。
もしよろしければ仲良くして下さいね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。